創る

2月23日のひな市で木目込みストラップ制作体験ができます。

2月23日の祝日に岩槻駅前の東口クレセントモールにて開催される「ひな市」にて、「木目込みストラップ制作体験」ができます。参加費用は500円とリーズナブル。雛人形の製作方法のひとつでもあり、日本の伝統文化でもある「木目込み」をストラップとして作ってみませんか?

雛めぐりでは以前つるし雛製作体験も行われていました。

つるし雛(つるし飾り)とはなんでしょうか?江戸時代、雛人形は世民からすると高価なものでした。
その代わりに金襴、友禅、ちりめん等の布を使って小さな人形を作り、女の子の誕生を祝って吊るしたということです。家によっては雛段の両側に吊るしたりもしました。

今回つるし雛製作体験はありませんが、つるし雛は岩槻の各店舗や特別展示場でもご覧になれます。

つるし飾り制作体験の様子。

料亭ふな又さんの店内に飾られた色とりどりのつるし雛。

つるし雛には十二支を象ったものや、果物や野菜、赤ちゃんを象ったものなどがあります。