制作体験ができます

岩槻では「つるし飾り」と「絵手紙」の制作体験ができます。
絵手紙は皆さんご存じだと思いますが、それではつるし雛(つるし飾り)とはなんでしょうか?江戸時代、雛人形は世民からすると高価なものでした。
その代わりに金襴、友禅、ちりめん等の布を使って小さな人形を作り、女の子の誕生を祝って吊るしたということです。
家によっては雛段の両側に吊るしたりもしました。

つるし飾り制作体験の様子。

雛人形の両側に吊るされたつるし雛。

つるし雛には十二支を象ったものや、果物や野菜、赤ちゃんを象ったものなどがあります。

つるし飾り体験については入場制限があります。(はさみ・針・糸持参)つるし飾りと絵手紙体験両方共に材料費は実費になります。

※2020年12月までに決定している情報です。新型コロナウイルスの感染状況によって予定が変更になる可能性があります。

これまでの更新情報

絵手紙体験

※このイベントは終了いたしました。 日程:2020年3月1日(日) 場所:BOOK&CAFE mao・mao 時間:14:00~16:00 ※材料費は実費となります。

つるし雛製作体験

※このイベントは終了いたしました。 1 つるし飾り製作体験  (岩槻女性会主催) 日程  2/29(土) 3/8(日) 場所 コミュニティセンターいわつき 会議室A・B 時間 9時30分~4時 当日受付順 最終受付3時 […]